相続税とは

相続税って何? いくらぐらいかかるの?

相続税とは

相続税とは、故人(被相続人)の財産を相続した場合、その財産を取得した配偶者(妻または夫)や子(相続人)に対して課税される税金のことです。

相続税の計算の大まかな流れ

相続税はいくらぐらいかかるかですが、財産や借金の金額、被相続人の数によって様々です。

ここでは、大まかな計算方法を紹介します。

① 正味の財産を算出します。

遺産の総額からマイナスの財産(借金・葬式費用・医療費の未払い分)などを差し引きます。

これが「正味の財産」です。

② 正味の財産から基礎控除※を差し引きます。

※基礎控除

3,000万円+(法定相続人の数×600万円)

正味の財産から基礎控除を差し引いてマイナスなら相続税は発生しません。

たとえば

この場合、相続税は発生しません。

③ 正味の財産から基礎控除を差し引いた額がプラスになった場合、プラスになった部分を、法定相続分※で按分し、その按分した金額に応じて税額を計算します。

※ あくまで法定相続分の按分であり、実際の按分ではないのでご注意ください。

※ 法定相続分…法律によって定められている財産の分割割合。

遺言等で財産の取り分が決まってない場合などに適用されたりします。

法定相続分の一例

法定相続分の一例です。

実際の計算を見てみましょう。上の例で計算します。

つぎに、5,200万円を次のように分けます。

これに税率をかけて指定の控除額を引きます。

(相続税の税率表を参照ください。)

それぞれの税金は以下のようになります。

相続税の税率表

平成27年1月1日以後の相続税の税率

法定相続分に応ずる取得金額税率控除額
1,000万円以下10%
3,000万円以下15%50万円
5,000万円以下20%200万円
1億円以下30%700万円
2億円以下40%1,700万円
3億円以下45%2,700万円
6億円以下50%4,200万円
6億円超55%7,200万円

④ 上記で算出した税金を足し、支払うべき相続税を算定します。

この場合、

340万円+145万円+145万円=630万円

となり、これが支払うべき相続税の金額になります。

⑤ 支払うべき相続税を、実際にそれぞれが取得した財産の割合で按分します。

法定相続分

しかし実際は以下のように相続した場合

それぞれが納付する相続税は以下のようになります。

※配偶者は特例で税額が軽減されます。
配偶者の取り分が法定相続分以下であれば、いくらでも(10億でも100億でも)税金はかからないという特例です。
また、取り分が法定相続分以上でも1億6,000万円までは税金がかかりません。
上の例では、妻の取り分が1/6なので、法定相続分以下ですから妻に対しては税金がかかりません。

相続税は相続人の数・相続する財産の金額・その他様々な要因で税額が異なります。

詳しくは当事務所でご相談賜ります。 こちらをクリック→

榎本総合会計事務所

相続でお困りの方

いつまでに何をすればいいの?
相続税ってなに?いくらぐらいかかるの?
生前にすることはあるの?
相続Q&A
お気軽にお電話ください。(通話料無料)

対応エリア

対応エリア

桶川市、上尾市、さいたま市、北本市、鴻巣市、伊奈町、埼玉県全域