相続手続きの流れ

いつまでに何をすればいいの?

相続税のタイムスケジュール

相続にかかる各手続きには期限があります。


  • 知らないままで期限が過ぎてしまい、延滞税なるものを払うことになってしまった。

  • 期限が過ぎて特典が使えず、余分な税金を払う羽目になってしまった。


というケースも見られます。

そうならないために、大まかなタイムスケジュールをご紹介します。

タイムスケジュール

詳しくは当事務所でご相談賜ります。 こちらをクリック→

榎本総合会計事務所

相続放棄と限定承認

相続するにあたっては、金銭などのプラスの財産を受け継ぐほかに借金などのマイナスの財産も引き継ぐことになっています。
このとき、借金等のマイナスの財産がプラスの財産が大きい場合、被相続人は相続を受けて故人の借金を返さなければならなくなります。
もしこれが莫大な借金なら子供としては大変なことになってしまいます。
そこで、相続放棄をしてプラスの財産・マイナスの財産を一切引き継がない旨を裁判所に申告し、相続の一切を放棄します。これで個人の借金を返済せずに済みます。
限定承認はプラスの財産の範囲内でマイナスの財産を引き継ぐという制度です。相続をしたあとで、故人の莫大な借金が出てくるといったケースの場合、限定承認をしていないと借金は全額返還しなければなりません。限定承認をしていれば、借金はプラスの財産の範囲内での返済で済みます。
いずれも被相続人(故人)の死亡から3か月以内にしなければなりません。

相続でお困りの方

いつまでに何をすればいいの?
相続税ってなに?いくらぐらいかかるの?
生前にすることはあるの?
相続Q&A
お気軽にお電話ください。(通話料無料)

対応エリア

対応エリア

桶川市、上尾市、さいたま市、北本市、鴻巣市、伊奈町、埼玉県全域